5ちゃんの裏通り

当サイトはアダルト向けになります。18歳未満の方はご遠慮ください。 ページ内の動画は無料サンプルです。ご自由にご覧ください。

  

2019年05月

166: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/06(月) 21:58:51.74 ID:8nz5bqX80
先ほど風呂に一緒に入り、性器洗い合いして・・・舐めあいして・・・・
風呂の縁に手を付かせて立ちバック
どっぷりと子宮口に発射
俺「この連休はいっぱいやったね。明日から仕事頑張るぞ!」
すると嫁「まだ、連休終わってないよ?最後はお布団でして?」
「そうかい、可愛いぃ可愛いぃ嫁だもの・・・・連休最後は布団でたっぷり愛し合おうな!」
「嬉しい、あなた大好き!」と湯船に入り激しいキス

これから布団に入り連休最後の一戦をやります 
【【嫁とのセックス】風呂に入りあそこを洗い合い舐め合いして、風呂の縁に手を付かせて立バック、どっぷりと中に発射した】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/31(金) 12:21:27.230 ID:bQJs9VRH0

【【おっぱい画像大量・神スレ】私の名は!おっぱいマン!! 】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/31(金) 12:04:06.397 ID:kKaJNVNk0
どうすりゃいくの😭 
【彼女を逝かせられたことがないんだが 】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/31(金) 11:15:51.328 ID:PhL0Qn8+d
※ただし期間中におばさんの杉本彩と1回セックスをしないといけない
no title

no title

no title

no title

no title

【【画像】杉本彩(50)と一週間同居したら500万貰えるとしたらやる? 】の続きを読む

38: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/17(金) 22:40:40.75 ID:e7jRSFwu0
オリジナルじゃなくても生活感のあるオッパイ求む
【【画像】嫁のおっぱいうpします その2】の続きを読む

161: 名無しさん@お腹いっぱい。 2019/05/05(日) 22:35:27.75 ID:IyqPu3SU0
今日は子供の日・・嫁と相談し嫁との一戦はお休みしようと夕食終わって夫婦で子供と遊んだ
8時過ぎたら、子供遊び疲れたのか眠ってしまった
「あなた、眠ってしまったね」と俺の横に座って俺の股間をすりすり」
嫁のオマンコ撫でながら「ちんぽ欲しいのか?」
「当たり前でしょ!ほら貴方も欲しくて・・・こんなに大きくしちゃって・・・」
今日は一発休む予定が・・・・イキ果てる嫁の子宮口にどっぷりと・・・

【【嫁とのセックス】子供が寝たら嫁が横に座り俺の股間をすりすりしてきた。嫁の性器を撫でながら「ちんぽ欲しいのか?」と聞くと「当たり前でしょ!」だって】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/30(木) 13:00:39.476 ID:hWWFNz/B0
画像
no title

no title

修正なし
no title

no title

no title

no title

【【画像大量】杉本彩(50)のラストグラビアがキツい 【即ハボ】 】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/30(木) 11:31:49.907 ID:QlBWjxsHd
マラソンの次に嫌な学校行事だった 
【パンツ一丁で身体測定してたおっさんおばさんwwwwwwwwwwwwwww 】の続きを読む

1: 以下、5ちゃんねるからVIPがお送りします 2019/05/29(水) 21:03:51.178 ID:vJykYB7odNIKU
結局はどっちなん

【【参考画像あり】「美人貧乳」VS「巨乳ブス」】の続きを読む

432: 名無しさん@お腹いっぱい。 2018/08/22(水) 01:27:01.46 ID:wk7WTkja0
俺と嫁は高校時から付き合っていた
卒業して俺は就職し嫁は短大に行った
いつもデートする金曜に、その短大の歓迎会があるからとその日は会えなかった
で、実は歓迎会という名のコンパで、しかも嫁は俺の大学に行った友人とばったり会った
友人曰く、嫁はDQN気味のボンボンにお持ち帰りされてホテルへ
そして俺以外の男の味を知った嫁は間男のことが好きになり
「出会う順番が違っていた」と言って俺に別れを告げた

俺は落ち込んだね。振られてからは彼女も作れず、ウジウジ下毎日だった

【【浮気妻】嫁が流産してしまい二人で泣いた。でもその裏で嫁は間男に「ごめんね、あなたの赤ちゃんが死んでしまった」と電話していた】の続きを読む

このページのトップヘ